インド エルダー社と合弁会社設立で合意/コーセー 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > その他 > インド エルダー社と合弁会社設立で合意/コーセー

インド エルダー社と合弁会社設立で合意/コーセー

(株)コーセーは、インドの製薬メーカーエルダー社[ElderPharmaceuticalsLimited]と合弁会社「コーセーエルダー(インド)有限会社[KOSEElder(India)PrivateLimited](仮称)」を設立することで合意した。

これにより同社は、インドにおけるビジネスを見据え、現地での化粧品製造・販売に向けた準備を本格的に開始する。

インドは、人口が中国に次ぎ世界第2位の12億人、人口構成は若年層の多いピラミッド型で、25歳以下がその半数を占めるという、成長性に期待できる消費市場。女性のファッションも多様化が進み、化粧品の嗜好も大きく変化してきている。同社のこれまでの海外進出の手法は、進出国の市場特性に合わせて国内の既存ブランド商品を選択し、輸出による展開を主としてきたが、文化や嗜好が大きく異なるインドにおいては、現地独自の戦略と企画開発が重要と考え、市場を熟知した現地企業との提携で検討を進めている。

この度提携を結ぶエルダー社は、インドで上場している製薬会社で品質面での信頼性が高く、すでに医薬品の製造のみならず、高品質なヘルスケア製品や化粧品などの製造と、販売の実績もあることから、スムーズな展開が可能と同社は判断した。

付加価値の高い化粧品づくりと技術力を強みとする同社と、現地の市場を熟知し、インドにおいての強い販売網を持つエルダー社と戦略的に提携することで相乗効果も期待できる。日本の繊細で高度なテクノロジーと、インド女性が求める普遍の美を融合させた新たな商品を開発し、インド市場で展開する。新会社設立後の二社の分担や、具体的な販路、商材、ブランドなどについては、今後詳細を決定する。

今後も同社は、高効能化粧品開発や皮膚研究分野における技術力の高さや、多くのブランドビジネスや長年のカウンセリング販売を通じた蓄積を生かし、成長性の高い海外新規市場開拓について積極的に取り組み、グローバル市場における存在感の拡大を図っていく。


<新会社概要>※2013年3月6日時点
会社名:コーセーエルダー(インド)有限会社
    [KOSEElder(India)PrivateLimited](仮称)
所在地:インド・ムンバイ(仮)
設立:2013年9月(予定)
事業内容:化粧品の製造・輸入・卸販売
出資比率:コーセー60%:エルダー社40%

<エルダー社概要>(連結)※2012年12月末現在
社名 : エルダー社[ElderPharmaceuticalsLimited]
代表者 : 会長兼社長ジャグディシュサクセナ[JagdishSaxena]
共同社長アロックサクセナ[AlokSaxena]
所在地 : インド・ムンバイ
[C-9,DaliaIndustrialEstate,OffVeeraDesaiRoad,Andheri(W),Mumbai,India]
設立 : 1983年
事業内容 : 調合薬の製造および販売
従業員数 : 3,550人
資本金 : INR2億500万※2012年9月末現在
現地法人展開国 : U.A.E、英国、ブルガリア
主な生産拠点 : インド : パオンタ・サビブ(ヒマチャル・プラデシュ)、シラキ・ランガロード(ウッタラカンド)、パウェイン、ネルール、パタルンガンガ(マハラシュトラ)英国(バーミンガム)、ブルガリア
・ボンベイ証券取引所(BSE)上場
・インド国立証券取引所(NSE)上場

(株)コーセー(2013年3月6日発表)

2013年3月 8日 11:30 [その他]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年4月18日(水)~20日(金)
ファインケミカルジャパン2018

2018年6月27日(水)~29日(金)
第3回 ドリンク ジャパン

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.