マヨカフェを東京と名古屋に限定OPEN/キユーピー 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > イベント・セミナー > マヨカフェを東京と名古屋に限定OPEN/キユーピー

マヨカフェを東京と名古屋に限定OPEN/キユーピー

キユーピー株式会社は、3月1日の「マヨネーズの日」※1にちなみ、期間限定で「kewpie mayo cafe (キユーピー マヨカフェ)」をオープンします。3月1日(水)から31日(金)までは東京に、4月3日(月)から30日(日)までは名古屋で展開します。

近年マヨネーズは、サラダにかけたり和えたりするだけでなく、炒める、焼くなど、調理への使用が広まっています。実際に足を運んでその場で味わうことのできる“店舗"でマヨネーズを使ったメニューを提供することで、卵のコクやうま味があり調理にも使えるマヨネーズの魅力を発信していきます。

20170321_r02.png

3月1日から展開する「キユーピー マヨカフェ」では、キユーピーが提案する「マヨネーズマジック」をいかしたメニューが楽しめます。「マヨネーズマジック」とは、マヨネーズを調理に使うことで、コクやうま味を付与して料理をおいしく仕上げるものです。また、期間中に迎える、卵とうさぎがモチーフの「イースター (復活祭)」にちなみ、マヨネーズと“卵"を使ったメニューを提供します。

キユーピーは3月1日を「マヨネーズの日」に制定しました (2015年~)。これは、1925年3月にキユーピーが日本で初めてマヨネーズを製造・販売したことと、日本初の「1」にちなんだものです。

【店舗概要】
「キユーピー マヨカフェ」では、マヨネーズ好きにはたまらないマヨピザやマヨドリアはもちろん、マヨネーズを使うことで食感やコク・うま味がアップする「マヨネーズマジック」をいかしたメニューが楽しめます。
マヨネーズでソテーすることで食感や食味が向上する「マヨネーズソテー」や、マヨネーズに漬け込むと肉がやわらかくジューシーになる「マヨ鶏」のほか、マヨネーズを加えてふんわりと仕上げたたまご焼きやオムレツを使ったサラダやサンドイッチ、プリン液にマヨネーズを加えてしっとりとしたなめらかな食感が楽しめる「マヨプリン」など、さまざまなメニューでマヨネーズの新たな魅力が体感できます。

また、期間中に迎える「イースター」※2にあわせて、料理の多くに卵を盛り込みました。店内にも、おなじみのマスコット「キユーピー」に加えて、カラフルな卵を飾り付けた「イースターMAYOツリー」(写真)を設置し、イースター気分を盛り上げます。
さらに、来店者サービスとして食品業界では初めてとなる「LINE Beacon」を活用して、キユーピーオリジナルグッズをプレゼントします。

※2
イースターは「復活祭」と言われ、キリスト教ではイエス・キリストの復活を祝う大切な祝日です。「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」がその日にあたり、年によって日が変わることが特徴で、2017年は4月16日(日)がイースターにあたります。卵とうさぎがシンボルで、卵料理を食べたり、エッグハントやエッグペイントなど卵を使った遊びをするなど、家族や仲間と一緒に楽しめる要素が多いことから、日本でも着実に浸透しています。キユーピーは、マヨネーズの大切な原料であり、日本の国内年間生産量の約1割にあたる鶏卵を同社グループで使用していることや、春先の催事が少ない時期の行事という点に着目し、2011年からイースターにちなんだ提案を行っています。

東京は3月1日(水)から3月31日(金)まで、名古屋は4月3日(月)から4月30日(日)まで、期間限定で営業。


【詳細は下記URLをご参照下さい】
キユーピー株式会社 2017年2月21日発表
キユーピー株式会社 公式サイト(企業情報)






[特集]機能性表示食品制度[機能性表示対応素材]《更新随時》

 

2017年2月21日 17:01 [イベント・セミナー]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.