ボイセンベリー果汁由来ポリフェノールが血管の老化を抑制/ブルボン 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 研究報告 > ボイセンベリー果汁由来ポリフェノールが血管の老化を抑制/ブルボン

ボイセンベリー果汁由来ポリフェノールが血管の老化を抑制/ブルボン

株式会社ブルボン健康科学研究所は、新潟大学大学院医歯学総合研究科・南野徹教授(循環器内科学)、清水逸平特任准教授(先進老化制御学講座)らと共同で、ボイセンベリー果汁由来のポリフェノール(BP)成分が肥満によって引き起こされる血管の老化を抑制する可能性を明らかにしました。

この研究成果は、2018 年 8 月 14 日に国際学術雑誌 PLOS ONE に掲載されました。
(PLOS ONE, 2018, 13(8), e020205; https://doi.org/10.1371/journal.pone.0202051)

【 論文内容 】
◆タイトル:
Boysenberry polyphenol inhibits endothelial dysfunction and improves vascular health
(ボイセンベリーポリフェノールは血管内皮機能不全を抑制し血管の健康を改善する)

◆概要:
血管内皮は血管の内側を構成する細胞の層で、血管の恒常性を保つ重要な役割を担っています。血管内皮は高カロリー食や加齢により機能不全をきたし老化します。血管内皮の老化は将来的な動脈硬化や心血管疾患のリスクとなることが知られています。本研究では、高脂肪食を継続投与した肥満マウスに対し、BP を投与することで血管内皮に対する効果を評価しました。その結果、以下の 3 点を見いだしました。

・血管を拡張し血流を促進する一酸化窒素の産生能が BP 摂取により改善する。
・高脂肪食負荷による血管拡張機能の低下が BP 摂取で抑制される(図1)。
・血管内皮の老化度を示すマーカーp53 の発現が、BP 摂取により抑制される(図2)。

これらの結果から、ボイセンベリー果汁由来ポリフェノールの摂取は、生活習慣により障害される血管内皮を保護することで老化を抑制し、血管の健康を正常に保つ機能があることが示唆されました。

20180911_r02.jpg

【 ボイセンベリー研究について 】
株式会社ブルボン健康科学研究所では、多様なポリフェノール成分を含むベリー類として知られるボイセンベリーの機能性研究を継続しています。これまでにボイセンベリーのポリフェノール成分が、血管弛緩作用や血圧降下作用を有すことを動物試験により明らかにしてきました。また、予備的な臨床試験から、ボイセンベリー果汁摂取が、ヒトにおける血管内皮機能の改善作用および血圧降下作用を有すことも明らかにしています。今回の成果は、同社が新潟大学大学院医歯学総合研究科内に設置した寄附講座(先進老化制御学講座)との共同研究で確認されたものです。今後もボイセンベリーの有用性探索研究を継続し、科学的根拠の蓄積と適切な情報発信を行い、人々の健康維持増進に役立つ素材開発やボイセンベリー果汁を利用した製品の開発を進めます。


【 詳細は下記URLをご参照ください 】
株式会社ブルボン  2018年9月6日【PDF】発表
株式会社ブルボン  ホームページ

2018年9月11日 16:17 [研究報告]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.