乳癌(がん)発症率の低下はホルモン補充療法使用の減少が原因 【海外ニュース】

乳癌(がん)発症率の低下はホルモン補充療法使用の減少が原因

0217.jpg

米国では2003年以降、乳がん)の症例数が減少傾向にあるが、その背景には、プロゲスチンとエストロゲンを用いた併用ホルモン補充療法 (HRT)の中止が大きく影響しているとの新しい分析結果が、医学誌「New England Journal of Medicine」2月5日号で報告された。

1万5,000人以上の女性を対象とした女性健康イニシアチブ(WHI)研究で、併用HRTを受けた患者群において、心臓障害や乳の発症率が驚く ほど高いことが明らかになり、2002年に併用HRTが中止された経緯がある。乳症例数の減少がマンモグラフィ(乳房X線検査)の使用に関連するとの別 の専門家の指摘もあるが、マンモグラフィの頻度は同様であったにもかかわらず、併用HRT中止後、急速にリスクが低下していることも明らかになった。

米ハーバーHarbor-UCLAメディカルセンター・ロサンゼルス生物医学研究所のRowan Chlebowski博士らは、2003年以降の乳の症例数減少の原因を調べるため、WHI研究の詳細と短期間HRTの影響、さらにHRT群2万 5,000人以上と非HRT群1万6,000人以上を対象とした観察研究のデータを分析した。

その結果、WHI研究のHRT群では最初の2年間の乳の診断数はプラセボ群に比べて少なかったが、5.6年の期間では診断数は増加していた。服薬 中止後では両群ともリスクは急速に低下していた。一方、観察研究では、HRT群の乳発症率はプラセボ群の約2倍であったが、HRTを中止した女性では約 2年後にこの差は消失していた。ただし併用HRTを約5年間継続した女性ではリスクが上昇していた。

Chlebowski氏は「HRTを中止すれば乳リスクは急激に低下する。今回の分析や他の最近のレビューから判断すると、閉経後症状(更年期障害)を軽減するために用いる併用HRTの"安全"期間は、従来論議されていた5年ではなく約2年であろう」と述べている。

医学誌「Cancer」オンライン版に1月20日に掲載された米国協会(ACS)のEugenia Calle氏らによる女性6万8,000人を対象とした別の研究でも、小葉に対する併用HRTにおいて、3年間でリスクの倍増が認められたが2年以内で は認められなかった。Calle氏は「おそらく併用HRT 開始後2-3年は大丈夫だが、それ以降リスクは上昇する」と述べている。

別の専門家は「ホルモン療法の便益は期待していたほどではなく、リスクの検討が必要。女性は症状の重症度を考慮に入れ、リスクと便益を比較する必要 がある」と述べている。Chlebowski氏はHRT を受けている女性に対し、2-5年後にHRTを中止し、症状の持続状況を確認することを勧めている。「(併用HRTの)確実に安全とされる期間は明らかで はない」としている。(HealthDay News 2月4日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=623784
Copyright 潤・2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

2009年2月17日 20:17 [女性の健康]|[癌(がん)]

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!

イベント・セミナー情報

2017年8月8日(火)~10日(木)
第10回 かなざわマッチング商談会

2017年9月7日(木)・8日(金)
国際フロンティア産業メッセ2017

企画特集

中国産原料にまつわる負の要素を跳ね返す経営戦略

中国産原料にまつわる負の要素を跳ね返す経営戦略

徐々に光明が差し込みつつあるものの、どんよりと閉塞感が漂う健康食品業界。そうした中でも、着実に前進を続ける企業は数多く存在する。2001年3月の設立から業績を伸ばし続ける健康食品原料サプライヤーの株式会社中原もその一つ。なぜ同社は前進を続けられるのか。その秘訣を探った。

ドラッグストア研究会 松村 清 最新USレポート第25回

第25回 体の衰えとエイジフレンドリーな対応

エイジフレンドリーという言葉をご存知だろうか。シニアは、気は若くても体は衰えてきている。そうした衰えをさりげなくサポートすることを「エイジフレン ドリー」という。高齢社会における、サービスに付加価値を与える「エイジフレンドリーな対応」を実現するためには、加齢による肉体の変化について理解して おく必要がある。

第12回 らら女性総合クリニック 松村 圭子先生

第12回 らら女性総合クリニック 松村 圭子先生

「だらしがない」、が本来の意味の「ずぼら」。美を保つのには、とても縁がなさそうなキーワードですが、実はそうでもないらしいです。「らら女性総合クリニック」の松村啓子院長が、そのココロについて解説します。

ドラッグストア研究会 松村 清 最新USレポート第24回

第24回 心のつながり(ハイタッチ)

今後、消費社会の“主役”になりうるシニア層。確実に人口比率を増すこの層には、従来のアプローチは通用しない。キーワードとなるのは「心のつながり」だ。

「消費者の声に“本当に応える”開発者になりたい」という想いが起業の原点

「消費者の声に“本当に応える”開発者になりたい」という想いが起業の原点

26歳のときにはすでに60名もの助手を抱えるリーダーとして、製薬会社の研究・開発に没頭。健康食品メーカーに転職したのち、31歳で株式会社ライフサ ポート設立。化粧品・健康食品等のOEM受託ビジネスを中心に猛スピードで突進してきた小松氏に、今年から始動する大型プロジェクトなどを含め製品開発の コンセプトやビジョンについて伺った。

第11回 東京警察病院 澤田 彰史先生

第11回 東京警察病院 澤田 彰史先生

いま、世の中ではあらゆる場面で格差が拡大している。美の世界も例外ではない。専門家はアンチエイジングの領域にも格差があると指摘する。なぜ、抗加齢に格差がつき、広がっているのか。

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2009 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.