腰痛に関係する4つの因子:肥満、喫煙、飲酒、抑うつ 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表 > 腰痛に関係する4つの因子:肥満、喫煙、飲酒、抑うつ

腰痛に関係する4つの因子:肥満、喫煙、飲酒、抑うつ

20150406_w03.jpg

喫煙や飲酒の習慣がある人、抑うつ状態または肥満の人では、ライフスタイルを少し変えれば腰痛が和らぐ可能性のあることが、米スマ・ヘルスシステム(オハイオ州)整形外科医のScott Shemory氏らの研究で示唆され、米ラスベガスで開催された米国整形外科学会(AAOS)年次集会で発表された。

Shemory氏らは2,600万人のデータをレビューした。うち120万人、4%に腰痛がみられた。腰痛は、喫煙者(16.5%)、アルコール依存症患者(15%)、肥満患者(17%)、うつ病患者(19%)において最も多かった。

Shemory氏は、「脊椎障害で説明できず、どちらかといえば筋肉痛である腰痛の場合、肥満やアルコール乱用、喫煙、抑うつが一因である可能性がある。肥満は腰痛との関連が最も明らかで、全関節と腰部にストレスがかかる。喫煙は血流を減少させ、やはり痛みの一因となりうる。抑うつも腰痛の一因となるが、腰痛が抑うつの一因になる場合もある。アルコール依存症も同様だ」という。

さらに、「これらの問題により身体を動かさなくなり、疼痛が増す可能性がある。ただし、これらの行動を変えれば全体的な健康が改善され、腰痛が軽減する可能性がある」と同氏は話している。

今回の研究はこれらの要因と腰痛の関連性を示したに過ぎず、因果関係は示していない。学会発表された研究は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。(HealthDay News 3月25日)

http://consumer.healthday.com/general-health-information-16/misc-alcohol-news-13/obesity-smoking-drinking-depression-all-linked-to-low-back-pain-697220.html
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved. 

 

2015年4月 6日 16:05 [生活習慣病]|[研究発表]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年12月5日(水)~ 7日(金) 
第1回 高機能 塗料展

【INDEX】
2018年11月 展示会情報

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.