就業時間外のメール対応はワークライフバランスに有害 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 危険因子 > 就業時間外のメール対応はワークライフバランスに有害

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

就業時間外のメール対応はワークライフバランスに有害

20160822_w02.jpg

従業員が常に「オン」の状態であることを期待される、つまり就業時間外も仕事関係のメールを確認し回答することは、心労となり、仕事と家庭生活のバランスを崩すことが、米リーハイ大学(ペンシルベニア州ベスヘレム)経営学准教授のLiuba Belkin氏らの研究で示唆された。

研究によると、電子メールでなくとも時間外の業務連絡はストレスが大きく、仕事から解放されないことは感情的な消耗が大きい。特に、仕事と家庭生活を分けたいと考える人にとって負担であることも判明した。

今回の研究は、さまざまな業界で働く成人297人を対象とした。対象者への最初の調査では、就業時間後の電子メールに関する職場の規定と、通常時に就業時間外で電子メールに費やす時間、また、「就業時間外は仕事のことを全く考えたくない」「仕事に感情を消耗させられていると感じる」などの項目にどの程度当てはまるかを尋ねた。

1週間後、仕事と家庭生活のバランスを調べる追跡調査を行い、「仕事の要求と仕事以外の要求のバランスをとることができる」などの項目にどの程度当てはまるかを尋ねた。その結果、年齢、性別、業界、仕事と家庭生活の分離に対する好みなどの因子を考慮しても、仕事後に電子メールに対応するよう期待されることは、電子メールに費やす時間と正の相関を示し、仕事と家庭生活のバランスと負の相関を示した。

フランス政府は今年、従業員50人超の企業に対し就業時間後の電子メールを制限するよう求める法律を可決した。Belkin氏は、「電子メールをすべて禁止しようとはいえないが、バランスはとるべきである」と述べている

この結果は、米カリフォルニア州アナハイムで開催された米国経営学会(AOM)年次集会で発表された。研究結果は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2016年8月10日)

https://consumer.healthday.com/public-health-information-30/occupational-health-news-507/work-email-during-off-hours-stressed-out-employees-713526.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
学会情報:http://aom.org/annualmeeting/

2016年8月23日 11:37 [危険因子]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年10月 展示会情報

2017年10月11日(水)~ 13日(金) 
第1回 日本の食品 輸出 EXPO

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.