健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

植物度80%のポリ乳酸(PLA)樹脂成形材料を開発

帝人(大阪市中央区)とパナソニック電工(大阪府門真市)は共同で、高耐熱性バイオプラスチックを用いた植物度80%のポリ乳酸(PLA)樹脂成形材料の開発に成功した。

帝人は、2006年に自社のポリマー改良技術により、従来のPLAをはるかに上回る耐熱性(融点210度C以上)や高い成形性(半結晶化時間を4分の1~5分の1に短縮)を有するバイオプラスチック「バイオフロント」を開発し、その後の技術改良により、優れた耐加水分解性を実現した。

パナソニック電工は、この「バイオフロント」をベース材として、独自のコンパウンド設計・製造技術を用いることで、80%という極めて高い耐熱性を備え、成形サイクルを約50%短縮できるPLA樹脂成形材料を開発した。家電製品、モバイル機器のきょう体用途向けに、「MBA900H」として製品化している。

帝人は、すでに「バイオフロント」を衣料、インテリア、自動車、家電製品、包装材料などさまざまな領域で展開しているが、パナソニック電工の「MBA900H」の開発を機に市場開拓を加速。2011年度には5000㌧規模、将来的には数万トン規模の量産体制構築を目指す。

パナソニック電工は、2010年7月より、携帯電話、モバイル機器、デジタル家電製品を中心に「MBA900H」の販売を開始する。

なお、、2012年度には、この「MBA900H」を含む高植物度PLA樹脂成形材料で年産1000㌧を目指すとしている。

2010年07月20日 14:55

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

ビューティーワールド ジャパン ウエスト 2020
2020/10/19(月)~21(水)
インテックス大阪

FABEX関西 2020
2020/10/28(水)~30(金)
インテックス大阪

次世代ヘルスケアプロジェクト「第3回 ぐっすり EXPO」「第3回 健康診断・健康管理 EXPO」「第3回 メディスポ」「第2回 カラダ改善食品展」「第2回 温活 EXPO」
2020/11/11(水)~13(金)
東京ビッグサイト 西展示棟

食品開発展2020(Hi Japan/ FiT Japan/ S-tec Japan/ LL Japan)
2020/11/16(月)~18(水)
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム