健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

カーボンニュートラル都市ガスの導入~中小企業におけるヘルスケア領域の原材料メーカーとして初(東京ガス管内)~/常磐植物化学研究所

医薬品・機能性食品・化粧品・研究用試薬における植物化学(ファイトケミカル)製品の専門企業である株式会社常磐植物化学研究所(千葉県佐倉市木野子158番地、代表取締役社長立﨑仁)は、2022年6月より東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社よりカーボンニュートラル都市ガス(注1)由来の蒸気の供給を受け使用を開始し、カーボンニュートラルLNGバイヤーズアライアンス(注2)に加盟しました。

同社は、本社・工場のある千葉県佐倉市の「ゼロカーボンシティ宣言」を支持し、「CO2排出量を2030年度末までに2013年度末比46%削減、2050年までに実質ゼロ」を目標と掲げています。また、同社は既に蒸気の省エネや太陽光導入等のCO2排出量削減の取り組みを実施し、2022年度末時点で2013年度比23%のCO2排出量削減を達成する見込みです。同社はこれらの取り組みをさらに加速すべく、2022年6月より「カーボンニュートラル都市ガス」を導入しました。この削減効果を加味すると、2013年度比64%のCO2排出量削減が見込まれます。この削減効果を踏まえ、同社では今後3年以内に排出量実質ゼロを達成すべく努力します。
なお、「カーボンニュートラル都市ガス」を導入したのは千葉県佐倉市では初で、中小企業におけるヘルスケア領域の原材料メーカーとして導入するのも初となります(東京ガス管内)。

同社では15年以上前より環境経営を実践し、2010年より13年連続でエコアクション21認証(注3)を取得。近年では、製品製造時に発生する残渣について環境負荷を減らすための残渣乾燥機の導入や、工場の屋根への太陽光パネルの設置など、多くの取り組みを実施しています。
今後も、これらの取り組みを継続しつつ、新たな技術も導入しながらカーボンニュートラルの実現に向けて取り組みます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

(注1)
カーボンニュートラル都市ガスは、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生する温室効果ガスを、新興国等における環境保全プロジェクトにより創出されたCO2クレジットで相殺すること(カーボン・オフセット)により、地球規模では、この天然ガスを使用してもCO2が発生しないとみなされるLNGを活用した都市ガスです。
《参考》カーボンニュートラルLNGウェブサイト https://carbon-neutral-lng.jp/

(注2)
カーボンニュートラルLNGバイヤーズアライアンス
持続可能な社会の実現に向け、CNLを調達・供給する東京ガスと購入する企業・法人が一丸となり、CNLの普及拡大とその利用価値向上の実現を目的として設立された団体。

(注3)
エコアクション21認証:環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム「エコアクション21」のガイドラインに基づき取り組みを行う事業者を審査し、認証・登録する制度。

 


東京ガス株式会社 東部産業エネルギー部長 笠原氏(写真一番左)、産業エネルギー営業部長 小林氏(写真左から 2 人目)、株式会社常磐植物化学研究所 代表取締役社長 立﨑仁(写真中央)

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社常磐植物化学研究所   2022年9月13日【PDF】発表
株式会社常磐植物化学研究所   公式サイト

2022年09月13日 13:40

健康・美容イベント情報