プラズマローゲンの新たな論文が受理 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > 原料 > プラズマローゲンの新たな論文が受理

プラズマローゲンの新たな論文が受理

丸大食品株式会社と九州大学大学院医学研究院との共同研究成果をまとめた論文が、20181月に国際科学雑誌Biochemical and Biophysical Research Communications に受理された。

同研究では、通常マウスに3ヶ月間、鶏ムネ肉由来プラズマローゲンを摂取させた後、炎症剤(LPS)を投与した際の評価を行った。その結果、記憶行動が改善しただけでなく、脳においてグリア細胞の活性化とアミロイドβの蓄積を減弱させることを見出した。

これらのことは、プラズマローゲンの日常的な摂取が認知症を予防できる可能性を示唆するものと考えられ、今後のさらなる進展が注目される。

プラズマローゲンはヒトの体内に存在するリン脂質の一種で、脳、心臓、骨格筋などに多く含まれる。これまでに加齢により減少し、マウス試験では脳内炎症の抑制などが確認されている。

2018年1月26日 16:52 [原料]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年12月8~9日
第5回東京商材対接展

2018年12月5日(水)~7日(金)
ビジュアルメディアExpo2018

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.