加熱殺菌乳酸菌素材「BJ-22」を上市/ブロマ研究所 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 原料 > 加熱殺菌乳酸菌素材「BJ-22」を上市/ブロマ研究所

加熱殺菌乳酸菌素材「BJ-22」を上市/ブロマ研究所

2018年6月30日、株式会社ブロマ研究所は、加熱殺菌乳酸菌素材「BJ-22(乳酸菌22種類プレミックス素材)」を上市しました。

「BJ-22」は、22種類の菌を配合し1gあたり菌数1,000億個以上の新しい加熱殺菌乳酸菌素材です。優れた加工特性と高い汎用性で手軽に幅広く利用できます。
※特許出願中「免疫賦活」

20180702_r04.jpg

■なぜ22種類の菌?■
・22種の乳酸菌はそれぞれ個性があり、人の腸内細菌叢も一人ひとり異なります。22種類の菌がそれぞれ異なる作用機序で作用することで、一人ひとりの健康課題にアプローチすることが期待できます。
・食品向けとして利用されているビフィズス菌、乳酸菌をできるだけ多く網羅し、より多くの菌数を配合できる割合で各菌をブレンドしました。
・多菌種多菌数のBJ-22が腸内細菌叢に働きかけ機能を増幅する可能性が期待できます。

■なぜ加熱殺菌?■
[ 多くの菌種菌数 ]
乳酸菌22種で1gあたり1000億個以上の加熱殺菌乳酸菌を含みます。少量配合するだけで多くの菌種、多くの菌数をアピールできます。
[ 製造時のユーザビリティ ]
殺菌体のため、加工施設、保管、輸送などの各工程でコンタミネーションの心配がありません。
[ 優れた安定性 ]
製造・保管・輸送での品質性状が安定しています。
[ 高い汎用性 ]
耐熱性が高く、ベーカリーや打錠など、熱がかかる加工にも適しています。剤形、食品タイプを限定せず、加工食品に広く応用できます。

■BJ-22の使用用途■
健康食品、サプリメント(錠剤、顆粒、カプセル)、一般加工食品(キャンディ、ゼリー、ベーカリー、レトルト食品、ドレッシングなど)、飲料*など、幅広い用途にお使いいただけます。

*分散性は良好ですが、沈殿する場合はご相談ください。

[好適例]
青汁顆粒、プロテインなどビフィズス菌・乳酸菌 22種を謳え、消費者に健康価値の高さを訴求できます。

■お問合せ■
株式会社ブロマ研究所
東京都千代田区神田須田町1-26
03-5298-3751
labo@broma.co.jp

 

【 詳細は下記URLをご参照ください 】
株式会社ブロマ研究所   ホームページ

2018年7月 6日 17:38 [原料]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.