機能性食品素材「BioPQQ™」欧州委員会から新規食品として承認/三菱ガス化学 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 原料 > 機能性食品素材「BioPQQ™」欧州委員会から新規食品として承認/三菱ガス化学

機能性食品素材「BioPQQ™」欧州委員会から新規食品として承認/三菱ガス化学

三菱ガス化学株式会社が製造・販売する機能性食品素材「BioPQQ™」(ピロロキノリンキノン二ナトリウム塩)が、欧州連合(EU)の欧州委員会より新規食品(Novel Food)として承認されました。

20180821_r01.jpg

「BioPQQ™」は、酸化還元酵素の補酵素の一つとして 1979 年に発見された水溶性キノン化合物です。研究結果から、脳機能改善、抗酸化、ミトコンドリア新生などの機能が確認され、認識能力の維持に効果を持つことが認められており、主に高齢者や若手アスリートに向けたサプリメントや食品原料として展開しています。

欧州では、欧州内で食経験のない食品や食品原料を販売する際、欧州委員会から安全性の承認を受け、新規食品(Novel Food)として認められなければなりません。特に新規成分を持つ食品原料は、欧州委員会による承認の前に、欧州食品安全機関(EFSA)による安全性評価を受けることが求められます。EFSA による安全性評価は世界で最も厳しいとされ、これまで100余りの食品・食品原料しかNovel Foodとして認められておりませんが、「BioPQQ™」は2017年 11 月に EFSA の安全性評価で安全性が認められ、2018 年 6 月の欧州委員会において Novel Food として承認されました。

「BioPQQ™」は、2008 年に米国食品医薬品局(FDA)より新規食品素材(NDI : New Dietary Ingredients)の認証を取得、2014 年には厚生労働省から国内における健康食品原料としての使用が認められ、米国、日本にて展開してまいりました。この度 Novel Food として承認され、欧州での販売が認められましたので、今後、欧州での市場展開を図ります。

同社は、「BioPQQ™」の拡販を通じ、今後進むべき事業領域の一つに定める“医・食”分野のさらなる事業展開を進めます。



【 詳細は下記URLをご参照ください 】
三菱ガス化学株式会社  2018年8月21日【PDF】発表
三菱ガス化学株式会社  ホームページ

2018年8月21日 14:42 [原料]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.