口栓装着可能、全自動丸洗い洗浄可能充填機を開発/日本製紙、四国化工機 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 容器・パッケージ > 口栓装着可能、全自動丸洗い洗浄可能充填機を開発/日本製紙、四国化工機

口栓装着可能、全自動丸洗い洗浄可能充填機を開発/日本製紙、四国化工機

日本製紙株式会社と、四国化工機株式会社は、牛乳などチルド流通の屋根型紙パックに対応する最新鋭充填機「UPN-SEC14S」の開発を進め、2019年度より市場に投入します。

今回開発する「UPN-SEC14S」は、日本製紙の屋根型紙容器「NP-PAK(エヌピーパック)」「Pure-Pak(ピュアパック)」(*1)に対応する高性能ESL(*2)充填機「UPN-SEC」シリーズの最新鋭充填機です。

*1 液体用紙容器を代表する屋根型形状(ゲーブルトップ)タイプの容器です。日本製紙は、50年以上前に国内生産を開始した国内最大手として、「カートン」「充填機」「メンテナンス」を三位一体のシステムで提供しています。

*2 Extended Shelf Life の略で製品の賞味期限延長を意味します。

同シリーズのコンセプトであるチャンバー構造による「高衛生性」「省力化」を継承するとともに、近年、消費者の利便性向上の観点から、広範な飲料で口栓を装着した屋根型紙容器が市場で採用されるようになってきている状況に対応し、従来の「UPN-SEC」シリーズでは対応していなかった口栓装着機構を搭載します。これにより、幅広い飲料商品のラインアップ拡大に貢献してまいります。さらに、「UPN-SEC14S」では、IoT技術を積極的に活用し、遠隔メンテナンス支援技術を導入します。

■『UPN-SEC14S』の特徴
・ 高速ESL機(最大14,000本/時)で、口栓装着対応
・ 高性能殺菌装置を装備
・ チャンバー構造を採用し、チャンバー部の全自動丸洗い装置(インナーCIP、アウターCIP同時実施可能)による人為的な洗浄効果差異を排除するとともに省力化にも貢献
・ 使い勝手を考慮したイージーオペレーション
・ IoT技術を活用したメンテナンス支援

日本製紙と四国化工機は「2018東京国際包装展(TOKYO PACK2018)」(10月2日~5日、東京ビッグサイト)に出展し、それぞれのブースにて「UPN-SEC14S」の開発コンセプトをご紹介します。

なお、同発表内容については現段階での仕様に基づくものであり、予告なく変更する場合があります。

【 詳細は下記URLをご参照ください 】
日本製紙株式会社 2018年9月26日発表
日本製紙株式会社 ホームページ
四国化工機株式会社 ホームページ

2018年9月26日 16:36 [容器・パッケージ]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.