人工光への継続的曝露はうつ病の原因に 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 危険因子 > 人工光への継続的曝露はうつ病の原因に

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

人工光への継続的曝露はうつ病の原因に

1105.jpg

夜間に過剰の光に曝露すると、うつ病の原因となることが示された。米オハイオ州立大学の研究で、マウスを光のある部屋に1日24時間置いたところ、通常の昼夜サイクルのある部屋に置いたマウスよりもうつ病症状が多く示されたという。

しかし、1日中光に曝露されていても望めば暗い場所に行ける環境にあったマウスは、24時間光曝露マウスよりもうつ病症状が少なく、「光を避けることができれば、うつ病への影響が抑えられる」と、筆頭著者で同大大学院生のLaura Fonkenは述べている。

共著者の同大学教授Randy Nelson氏は「この知見は、人工の光がどの程度人間に影響を与えるかを知る必要性を示唆するものである」と述べるとともに、「逃れることのできない持続光はうつ病症状を増加させる。人間での抑うつ疾患の増加率は、現代社会では夜間の光の増加と一致している。多くの人が自然ではない光に曝露されており、実際に健康に影響している可能性がある」と付け加えている。

Fonken氏は「人工光の健康への影響を調べることは、夜間シフトで働く人や、夜遅くまでテレビをみて通常の明暗サイクルを乱している人にとって重要」と述べている。また、Nelson氏は「病院の集中治療室(ICU)はしばしば夜間でも明るく、これが患者にマイナスの影響を与えているかもしれない」と指摘している。

研究は、シカゴで開かれたニューロサイエンス学会(SfN)で発表され、医学誌「Behavioural Brain Research(行動学的脳研究)」12月28日号に掲載予定。
(HealthDay News 10月23日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=632118
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

2009年11月 5日 10:31 [危険因子]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017年6月28日[水]~30日[金]
第1回 バイオ医薬EXPO

2017年7月25日(火)・26日(水)・27日(木)
第2回 ウェルネスフードジャパン

ヘアケア amazon 売れ筋ランキング
オーガニックシャンプー
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.