癌(がん)検出を改善させる新しい腫瘍マーカー 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 徴候・症状 > 癌(がん)検出を改善させる新しい腫瘍マーカー

癌(がん)検出を改善させる新しい腫瘍マーカー

1102-w.jpg

通常、生殖器管でしかみられないホルモン受容体が、体内のさまざまな部分に発症する悪性腫瘍で発見されたことが、新しい研究で報告された。

フランス政府の科学者らと共同研究を行った米マウントサイナイMt. Sinai医科大学(ニューヨーク)発達・再生生物学助教授のAurelian Radu氏によれば、この一般的なつながりががん)の早期診断や治療の新しい標的となる可能性があるという。

同氏らは今回、前立腺や乳、大腸、膵臓、肺、肝臓、卵巣など11の一般的なを有する男女1,336人から採取した腫瘍組織の検体を評価した。分析の結果、腫瘍の血管細胞に卵巣刺激ホルモン(FSH)受容体が存在することが判明した。

この受容体は生殖器官以外の正常組織の血管では認められず、生殖器官では腫瘍に比べてその濃度がはるかに低いという。FSHは通常、女性では月経周期や卵の産生、男性では精子産生のコントロールを助ける。FSH受容体の活性化は、腫瘍内血管を含めた血管の新生を刺激する血管内皮細胞増殖因子(VEGF)のシグナル伝達に寄与する。FSH受容体の活動を阻害することは、VEGFのシグナル伝達を遮断することでもある。

Radu氏は「この新しい腫瘍マーカーは検出の改善に使用できる。このマーカーに結合する腫瘍造影剤を血管系に注射し、MRIやPET(ポジトロンCT)、超音波検査によって早期に腫瘍の位置を画像で確認できる。また、血管新生の阻害、凝固による血流遮断、既存の腫瘍血管の破壊などにより、腫瘍への血液供給を遮断する新たな治療法を開発できる」と述べている。

研究結果は、米医学誌「New England Journal of Medicine」10月21日号に掲載された。(HealthDay News 10月20日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=644667
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

2010年11月 2日 21:16 [予防]|[徴候・症状]|[癌(がん)]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年12月5日(水)~ 7日(金) 
第1回 高機能 塗料展

【INDEX】
2018年11月 展示会情報

スキンケア amazon 売れ筋ランキング
フルーツ酸せっけん
2位:クレンジングリサーチ ソープ
2
クレンジングリサーチ ソープ
クレンジングリサーチ  \536
4位:クレンジングリサーチ ソープb 100g
4
クレンジングリサーチ ソープb 100g
スタイリングライフ  \500
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.