アルツハイマー病患者と食事をする際の心がけ 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 高齢者の健康 > アルツハイマー病患者と食事をする際の心がけ

アルツハイマー病患者と食事をする際の心がけ

アルツハイマー病患者との食事時間は、患者への十分な栄養摂取を考慮する上で、気を遣い、難しい場合がある。

アルツハイマー病協会(AA、米シカゴ)は、食事時間がよりスムーズに運ぶように以下のことを勧めている:
・気が散らない静かな環境で食事を出す。
・食卓には、必要な器具と食器以外は置かない。食器は派手な色や絵柄入りでなく、シンプルな物に。
・料理は熱過ぎないようにする。
・一度に出す料理は1品か2品にする。患者の食べ物の好みを尊重するように努める。
・食事を一緒にとり、慌てて食べない。
・患者が食事を済ませたことを覚えていなくても、理解を示す。
(HealthDay News 7月29日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654869
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

2011年8月11日 10:15 [医療全般]|[治療]|[高齢者の健康]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年5月16日(水)
にいがた 食と総合ビジネス商談会

2018年4月18日(水)・19日(木)・20日(金)
バイオファーマジャパン 2018

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.