睡眠薬が死亡および癌(がん)のリスク増大と関係 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 癌(がん) > 睡眠薬が死亡および癌(がん)のリスク増大と関係

睡眠薬が死亡および癌(がん)のリスク増大と関係

120305-w03.jpg

睡眠導入(補助)薬の処方は夜間に十分な休息を必要とする人には有用かもしれないが、常用は死亡や特定のタイプのがん)の発症につながる可能性が高いことが、新しい研究で示唆された。

これらのリスクと関係する睡眠薬には、ベンゾジアゼピン系薬剤のtemazepam(Restorilなど)、非ベンゾジアゼピン系薬剤のゾルピデム(Ambien 、日本での商品名:マイスリー)、eszopiclone(Lunesta)、zaleplon(Sonata)、さらにバルビツレート系薬剤、鎮静薬の抗ヒスタミン薬が含まれる(英文表記のものは日本国内未承認)。ただし、今回の研究は睡眠補助薬と死亡リスクの関連性を示したものに過ぎず、因果関係を示すものではないため、多くの専門家はこの知見から性急に何らかの結論を下さないよう警告している。

医学誌「BMJ Open」オンライン版に2月27日掲載された今回の研究で、米スクリプスクリニック・ビタビファミリー睡眠センター Scripps Clinic Viterbi Family Sleep Center(カリフォルニア州)のDaniel Kripke博士らは、平均年齢54歳の1万500人以上を追跡した。被験者の健康状態はさまざまで、2002~2007年に平均約2.5年間、睡眠薬の処方を受けていた。同氏らは、これらの患者と睡眠薬を使用しなかった人の死亡およびのリスクを比較した。

研究の結果、1年18回量未満を処方された群では非処方群に比べて死亡リスクが3.6倍、18~132回量処方群では4倍以上高かった。132回量超処方群の死亡リスクは非処方群の5倍であった。これは年齢を問わず認められたが、18~55歳の人が最も高かった。ゾルピデムを服用していた4,336人では265人、鎮静薬、睡眠薬ともに服用しなかった2万3,671人では295人が死亡した。

また、最も高用量の群では食道やリンパ腫、肺、大腸、前立腺などの発症リスクも高かった。ただし、白血病、乳、子宮、膀胱、白血病、メラノーマのリスク増大はみられず、この関連性は既存の健康障害では説明できないという。Kripke氏は「よく使用される睡眠薬が衝撃的な死亡の増加と新たなの増加に関連している。これらのリスク増大を説明しうる既知のメカニズムは多数ある」と述べている。

米ノースショア・ロングアイランド・ジューイッシュ・ヘルスシステム(ニューヨーク)のVictor Fornari博士は、「内科疾患や心理的問題による困難があればまず睡眠に影響する。必要を感じて医師の処方を受ける場合、投薬中止は不要だが、気軽に服用しないよう注意すべきである」という。別の専門家は睡眠薬を慢性的に使用しないよう警告している。(HealthDay News 2月27日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=662186
Copyright © 2012 HealthDay. All rights reserved.

 

 

2012年3月 6日 13:07 [癌(がん)]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.