原爆による健康への長期的影響を分析 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > その他 > 原爆による健康への長期的影響を分析

原爆による健康への長期的影響を分析

20160822_w03.jpg

第二次世界大戦中に広島と長崎に投下された原子爆弾による健康への長期的な影響は、多くの人が考えるほど深刻なものではないという報告が、「Genetics」8月号に掲載された。フランスの分子生物学者であるBertrand Jordan氏の研究。

Jordan氏らは、約17万7,000人の被曝した生存者とその子どもと、原爆の放射線に曝露されていない2万人を対象にした60年間以上の医学研究を分析した。米国は1945年8月に原爆を投下し、20万人が直後に死亡した。

生存者では、原爆の放射線曝露によりがんリスクが10~44%上昇した。しかし、放射線に曝露されなかった人に比べて、寿命の短縮は平均数カ月間に留まっていた。また、生存者の子どもに、健康への影響や放射線に関連する変異は認められなかった。より詳しい検査により、いつの日か生存者の子どもにわずかな差があると判明する可能性はあるが、健康へのリスクは恐れるほど大きなものではないと、同氏は話している。

Jordan氏は、「科学者を含む多くの人が、生存者の健康状態は悪くなり、がん発症率が非常に高く、子どもの遺伝子疾患の発症率は高いという印象を抱いているが、実際の結果とは大きくかけ離れていた」と話し、「いつの時代も、見慣れた危険より新しい危険のほうが恐れられるものだ。たとえば石炭も炭鉱労働者および公衆衛生にとって有害だが、その害は軽視されがちだ。放射線は多くの有害化学物質に比べてはるかに検出が容易であり、携帯するガイガーカウンターで健康リスクをもたらさない微量放射線も検出できる」と述べている。

「ただし、この知見により核兵器や原子力事故の脅威に対する自己満足が生じてはならない」と同氏は述べ、2011年の福島原発事故を挙げて、日本のように原子力産業を厳格に規制している国でも災害は起こりうることが示唆されていると話している。(HealthDay News 2016年8月11日)


https://consumer.healthday.com/cancer-information-5/radiation-news-571/briefs-emb-8-11-10-00et-atomic-bomb-long-term-effects-genetics-release-batch-2809-713638.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:http://www.genetics.org/content/203/4/1505

2016年8月23日 10:55 [その他]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年10月 展示会情報

2017年10月11日(水)~ 13日(金) 
第1回 日本の食品 輸出 EXPO

スキンケア amazon 売れ筋ランキング
角質ケアグッズ
5位:コイズミ 洗顔ブラシ ピンク KBE-2320/P
5
コイズミ 洗顔ブラシ ピンク KBE-2320/P
コイズミ(KOIZUMI)  \819
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.