高齢者が高温環境で扇風機を使用するとむしろ体温が上昇する可能性 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 高齢者の健康 > 高齢者が高温環境で扇風機を使用するとむしろ体温が上昇する可能性

高齢者が高温環境で扇風機を使用するとむしろ体温が上昇する可能性

20160915_w04.jpg

室温が42℃に達するような環境では、高齢者は扇風機を使用しないほうがよいことが、小規模な研究で示唆された。室温が極度に高い場合、扇風機の使用により高齢者の心拍数と中核体温が上昇することがわかったという。

ただし、研究著者である米テキサス大学サウスウエスタン医療センター(ダラス)内科教授のCraig Crandall氏は、極端に高温となる条件でなければ扇風機は有益であり、扇風機の使用自体を止めるべきではないと述べている。

若い人の場合、扇風機を使用すると汗の失われる量が増え、汗が蒸発することにより皮膚の温度が下がるが、高齢者は汗をかく能力に限界があり、扇風機の有効性も制限されると、研究著者らは説明している。

今回の研究には、男性3人、女性6人の計9人(平均68歳)が参加した。男性は短パンのみ、女性は短パンとスポーツブラを着用し、約42℃の室内に座ってもらった。気温がここまで上昇することは稀であるが、米シカゴでは1995年にこのレベルの熱波が生じているという。

対象者は、約90cmの距離から約40cmの扇風機の風をあびるか、扇風機を使用しないかのいずれかの条件下で100分間過ごした。最初の30分は相対湿度を30%に維持し、その後5分ごとに2%ずつ、最大70%まで湿度を上昇させた。

その結果、扇風機を使用すると心拍数が最大で9回/分上昇し、体内温度にも上昇がみられることがわかった。たとえば、湿度50%での平均中核体温は、扇風機なしでは約36.8℃、扇風機使用時は約37℃であり、心拍数は扇風機なしで79回/分、扇風機使用時は88回/分であった。「この程度の上昇でも、心機能の低下した人には有害となる場合がある。また、この高温下でさらに長い時間を過ごした場合は結果が大きく異なる可能性もある」と、Crandall氏は話している。

米ベイラー心臓病院(テキサス州)のSarah Samaan氏は、中核体温の上昇が心臓に極度の負担を与え、高血圧や狭心症などの症状を悪化させる可能性があることを認めている。

Crandall氏は、高齢者は室温が37℃以上になる場合は扇風機を使用せず、エアコンを用いるのが理想的だと勧めている。エアコンがない場合、隣人や家族の家、コミュニティセンターや高齢者センター、映画館やショッピングモールなどへ行くのもよいという。また、湿布や冷たい飲み物(水が望ましい)も有用であると、Samaan氏は助言している。

Crandall氏らは、扇風機が有害になり始める温度についてさらに詳しく研究する予定とのこと。今回の研究は「Journal of the American Medical Association(JAMA)」9月6日号に掲載された。(HealthDay News 2016年9月6日)

https://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/heat-and-sunstroke-health-news-370/fans-aren-t-so-cool-for-the-elderly-714597.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:
http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2547743

 

 

2016年9月15日 12:28 [高齢者の健康]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

生活家電 amazon 売れ筋ランキング
オイルヒーター
4位:アイリスオーヤマ ミニ オイルヒーター POH-505K-W
4
アイリスオーヤマ ミニ オイルヒーター POH-505K-W
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)  \3980
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.