健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

グローバルブランドよりラッカーグロス発売/資生堂

20131119_r01.jpg資生堂は、世界89の国と地域で販売しているグローバルブランド「SHISEIDO」のメーキャップラインより、2014年春夏の新製品【全4品目25品種3,000円~3,600円(税込3,150円~3,780円)】を、2014年1月1日(水)から、全国のデパート約250店と、資生堂WEBサイト「ワタシプラス」にて販売します。(発売元:株式会社資生堂インターナショナル)

◎グローバルブランド「SHISEIDO」のメーキャップライン
グローバルブランド「SHISEIDO」のメーキャップラインは、2009年1月に誕生以来、資生堂の最新スキンケア技術、光科学、色材科学を駆使した商品と、同ラインのアーティスティックディレクターであるディック・ページの感性を融合した、魅力ある商品情報を全世界に発信しています。

【ベースメーキャップ】
2014年春夏のベースメーキャップは、色ムラをきちんと補正しながらも、薄づきでつややかな仕上がりがトレンドです。目もとのくすみや影、色ムラを目立たせない肌づくりがポイントで、その部位の肌悩みに特化した処方と色調を実現した、目もと専用のコンシーラー「シアー アイゾーン コレクター」を新たに発売します。

【ポイントメーキャップ】
2013年以降、ポイントメーキャップは口もとに華やかな色が戻ってきています。レッド系の色調を楽しむ女性が増え、2013年8月に発売した「ラッカールージュ」のメインカラーであるヴィヴィッドな赤い口紅(RD413)は、発売初月に計画比約2倍の販売実績を記録しました。
2014年春夏は、好評の「ラッカールージュ」7色に加え、独自の塗り重ねたような深いつやはそのままに、透明感溢れる色とりどりの色調が楽しめる、「ラッカーグロス」8色を新たに発売します。
また、アイメーキャップでは2014年も引き続き、アクセント的に鮮やかな色を楽しむ傾向が続きます。この傾向を踏まえ、「シマリング クリーム アイカラー」より、アクセントやライン使いが楽しめるカラーからトレンドを感じさせるカラーまでの8色を追加発売します。

これらの商品を通じて、グローバルブランド「SHISEIDO」では、大人の女性ならではの意志の強さと、しなやかさを感じさせるトータルメーキャップを提案します。

◎アーティスティックディレクター Dick Page(ディック・ページ)
イギリス生まれ。1980 年代後半、ロンドンを活動の場として、ファッション業界にメーキャップアーティストとして進出。ナルシソ・ロドリゲス、バンドオブアウトサイダーズ、マーク・バイ・マーク・ジェイコブスなどのファッションショーのメーキャップを担当。また、数々のビューティーファッション誌でも活躍中。創造性に富むメーキャップは、一見するとシンプルでありながらも、エレガントかつゴージャスで時代を超越しているとの高い評価を受けています。

◎モデル Sui He(スイ・ハ)
1989 年中国生まれ。世界のトップモデルとしてニューヨークを中心に活動中。グローバルブランド「SHISEIDO」のメーキャップラインでは、2013 年春夏のメーキャッププロモーションから登場。外見の美しさだけでなく、内側からにじみ出る優雅で上品な佇まいがファッション界で評価されています。

【商品概要】
SHISEIDO ラッカーグロス<リップグロス>
7.5mL 8 色
3,000 円(税込3,150 円)

◎商品特長
塗り重ねたような透明感のあるつや。クリアな発色とうるおいで、
透漆のように美しい唇を演出するリップグロス

1. 塗り重ねたような透明感のあるつやを実現します。
2. 唇の色に左右されないクリアな発色を実現します。
3. うるおいのあるなめらかな唇を実現します。
○S ハイドロラップバイタライジングDE(保湿成分) 配合
○ヒアルロン酸 配合
4. ひと塗りでムラなく均一に塗布でき、輪郭も描きやすいチップです。
5. 唇へのやさしさ、安全性に配慮しています。
○アレルギーテスト済み
(すべての方にアレルギーが起きないというわけではありません)
<使い方>
●チップで中味をよく混ぜてから取り出し、唇に塗布します。
●同製品を落とすときは「資生堂 ザ・スキンケア インスタントアイ&リップメーキャップリムーバー【2,500 円(税込2,625 円)】」の使用をおすすめします。

※詳細は下記URLをご参照ください
◎資生堂 2013年11月18日発表
http://group.shiseido.co.jp/releimg/2219-j.pdf

2013年11月19日 12:00

健康・美容イベント情報

健康博覧会2022(第40回)
2022/2/8(火)~10(木)
東京ビッグサイト 南ホール全館