健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

2014年春の花粉飛散予測(第3報)/日本気象協会

一般財団法人日本気象協会は、2014年1月15日(水)に全国・都道府県別の2014年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第3報)を発表します。また、詳細な情報を、「2014年春の花粉総飛散数 予測資料」として販売します。

第3報では、最新の長期予報や花芽調査などに基づいて、前回予測(第2報 2013年12月4日発表)を一部修正しました。これらの予測は、今後の気温予測や花芽調査などのデータを基に内容を更新することがあります。今後も日本気象協会の花粉飛散予測にご注目いただき、今春の花粉対策に向けて、お役立てください。

■全国予測の概況

◎飛散開始時期

2014年春のスギ花粉の飛散開始は、九州や東海地方は2月上旬、四国、中国、近畿や関東地方は2月中旬の見込みです。各地の飛散開始は概ね例年並みですが、北陸や東北の日本海側は例年より遅いでしょう。

1月中旬は寒波が襲来し全国的に厳しい冷え込みとなっていますが、下旬も真冬らしい寒さが続く見込みです。2月は冬型の気圧配置の日が多く、全国的に寒気の影響を受けやすいでしょう。気温は平年並みか低い見込みです。3月も北日本と東日本は寒気が流れ込みやすく、気温は平年並みか低いでしょう。西日本は平年並みの見込みです。この時期の気温が平年より低いと、スギ花粉の飛散開始は遅くなる傾向があり、日本海側はその傾向が顕著です。このため、今春のスギ花粉の飛散開始は、北陸や東北の日本海側は例年より遅く、その他は概ね例年並みでしょう。

ただし、寒い日が続いていても急に気温の高くなる日があると、予測よりも早く飛び始めることがあります。また、一般的に花粉が飛びやすいのは「気温が高く、風が強く、湿度が低い」という気象条件のときです。日々の気象情報を確認して花粉対策にお役立てください。

20140115_r04.jpg

※詳細は下記URLをご参照ください
◎一般財団法人日本気象協会 2014年1月15日発表
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/5379/

2014年01月15日 18:18

健康・美容イベント情報