健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

全身用美容液『ドライスキンセラミドミルク』を発売/ハーバー研究所

株式会社ハーバー研究所は、ガサガサ乾燥・粉ふき肌荒れ対策に、しっかり長時間保湿する全身用美容液『ドライスキンセラミドミルク』を2014年11月28日(金)より、全国のショップハーバー、通信販売およびインターネットにて数量限定で新発売します。

『ドライスキンセラミドミルク』は、冬の頑固な乾燥肌をしっかり保湿する全身用美容液です。乾燥状態の肌は、うるおいを保つセラミドが不足し角質層がはがれ、すき間から水分が逃げやすくなります。

20141024_r02.jpg

そこで、もともと人の肌にあり、肌の水分をキープするヒト型セラミド、天然皮膜形成成分のカラギーナン、保湿成分のヒアルロン酸やスクワラン、厚くなりがちな角質層に働きかけるビタミンA・E※2を配合。角質層のすみずみまでうるおいを届けてしっかりキープすることで、“ガサガサ”“粉ふき”など、乾燥の季節に気になるダメージをケアします。のびのよいテクスチャーで肌にスッとなじみ、使い続けるほどに、しっとりなめらかな肌へ導きます。
※1セラミド3、セラミド6Ⅱ※2製品の抗酸化剤

『ドライスキンセラミドミルク』商品概要
商品名:ドライスキンセラミドミルク
◎ 発売日:2014年11月28日(金)
◎ 容量:200mL
◎ 価格:2,376円(税込)
◎ 限定数:5,000本
※なくなり次第、販売終了となります。

◎ 商品特徴
◎ヒト型セラミド配合で角質層のすみずみまでうるおいを届け、保水力をサポート。
◎使い続けるほどに、乾燥や刺激に強いなめらかな肌に整えます。
◎のびのよいテクスチャーで肌にスッとなじみ、しっかり保湿しながらべたつかない使い心地で全身に使用できます。

◎ 主な配合成分とその働き
[ヒト型セラミド](セラミド3・セラミド6Ⅱ)
麹菌を用いた醸造発酵粕から抽出・精製した高純度の天然ヒト型セラミド。肌本来の成分のため、肌馴染みがよく、保湿性向上に役立ちます。

[天然皮膜形成成分](カラギーナン)
紅藻類から抽出される天然多糖高分子で、薄い皮膜を形成しながら保湿します。

[スクワラン]
肌のうるおい成分。肌を保護し、肌荒れを防ぎます。

[ヒアルロン酸Na]
1gで6リットルの水分を保持できると言われるほど保湿性に優れ、肌にハリをあたえ、滑らかに整えます。

◎ 使用方法
入浴やシャワー後の清潔なボディに適量をなじませるように伸ばしてください。

◎ 配合成分
水、グリセリン、スクワラン、BG、ペンチレングリコール、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ベタイン、ステアリン酸グリセリル、セラミド6Ⅱ、セラミド3、グリチルリチン酸2K、パルミチン酸レチノール、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロリン、カラギーナン、トレハロース、ピーナッツ油、ダイズタンパク、DPG、カルボマー、水酸化K、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60

※詳細は下記URL(またはPDF)をご参照ください
◎ 株式会社ハーバー研究所 2014年10月23日発表
http://www.haba.com/company/wp-content/uploads/2014/10/3801f0d676910843bb0546b66b6018b7.pdf

◎株式会社ハーバー研究所 公式サイト
http://www.morinagamilk.co.jp/.jp/

2014年10月24日 11:12

健康・美容イベント情報