健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

AI を活用した皮膚解析の新技術『デジタル 3D スキン TM』を開発/資生堂

株式会社資生堂は国際医療福祉大学医学部形成外科学 松﨑恭一主任教授と自治医科大学、生理学研究所との共同研究により、AI を活用し、皮膚を超高精細にコンピューター上に再現して解析する『デジタル3D スキン TM』技術を開発しました。これにより、コンピューター操作で、皮膚内部の超微細構造まで 3 次元で自在に解析することが可能となりました。この皮膚解析の革新的な技術、デジタル 3D スキン TMを活用し、様々な製品・サービスの開発を進めていきます。同研究成果の一部は化粧品技術者の世界大会「国際化粧品技術者会連盟ミュンヘン大会 2018(IFSCC※1Congress 2018)」で口頭発表し、最優秀賞を受賞しました。

※1 IFSCC (The International Federation of Societies of Cosmetic Chemists): 世界中の化粧品技術者が集い、より高機能で安全な化粧品技術の開発へ向けて取り組む国際機関

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 複雑な皮膚内部を理解する難しさ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
皮膚の状態は見た目の印象を左右します。皮膚の状態を決める要因を解き明かすには、皮膚を内部まで詳細に観察して、理解する必要があります。しかし皮膚の内部では、コラーゲンや細胞等、様々な構造が複雑に入り組んでいるため、その立体的な形状や分布、関係性等を観察することは困難でした。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ コンピューター上に皮膚をデジタル情報として再現、自在な解析を可能に
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今回、電子顕微鏡で観察した皮膚を、コンピューター上に超微細構造まで再現して解析する、デジタル 3Dスキン TM 技術を開発しました(図1)。これにより、コンピューター上で皮膚内部を、3 次元で自在に解析できるようになりました。例えば、皮膚の構造の分離、特定の構造の単離、周囲の構造との関係性の解析等、皮膚内部を統合的に理解するための様々なアプローチが可能となりました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ AI を活用し、膨大な皮膚の画像を解析
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
デジタル 3D スキン TMの開発には、人工知能 (AI: Artificial intelligence)の活用が鍵となりました。コンピューター上で自在に皮膚を解析するには、皮膚の多様な構造をあらかじめ分類する必要があります。しかし皮膚内部の膨大な構造を、人間の力で分類することは非常に困難です。そこで皮膚の構造を AI に学習させ、自動的に分類する手段を確立しました。これにより、分類時間を大幅に軽減して、デジタル 3D スキン TM を確立できました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ デジタル 3D スキン TM を活用し、皮膚の真実を解明していく
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今回開発した皮膚解析の革新的な技術、デジタル 3D スキン TMは、皮膚内部の理解を飛躍的に進める様々な手段を提供します。またこの技術は、共有も容易なことから、領域を超えた様々なコラボレーションを可能とします。このような先進性を活用し、自由な発想と多様なアプローチにより、皮膚の実態解明と健やかな皮膚の実現に貢献していきます。

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社資生堂 2020年4月27日【PDF】発表
株式会社資生堂

2020年04月28日 10:23

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

第22回 インターフェックス Week 【東京】(第22回 インターフェックス ジャパン/第14回 インファーマ ジャパン/第4回 バイオ医薬 EXPO/第2回 ファーマラボ EXPO)
2020/11/25(水)~27(金)
幕張メッセ

第1回 フードテック ジャパン
2020/11/25(水)~27(金)
幕張メッセ

第5回 ドリンク ジャパン
2020/11/25(水)~27(金)
幕張メッセ

北海道アグリ・フードフォーラム 2020
2020/11/26(木)~27(金)
TKP札幌ガーデンシティPREMIUM札幌大通 5F・7F

第10回「通販食品展示商談会」
2020/12/1(火)~2(水)
東京交通会館 12階

感染症対策総合展 in TOKYO
2020/12/2(水)~4(金)
東京ビッグサイト 青海展示棟

SPORTEC×HEALTH&FITNESS JAPAN
2020/12/2(水)~4(金)
東京ビッグサイト 青海展示棟