パラチノース摂取による総摂取カロリー抑制の可能性 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 研究報告 > パラチノース摂取による総摂取カロリー抑制の可能性

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

パラチノース摂取による総摂取カロリー抑制の可能性

三井製糖()(東京都中央区、井原芳隆社長)はさきごろ、天然甘味料「パラチノース」が生活習慣病に与える影響の研究成果を「第31回日本臨床栄養学会」で発表した。児成会生活習慣病センターとの共同研究。

 今回の研究では、パラチノースを配合したチョコレートを食べると、一般的なチョコレート摂取時に比べ、血糖変動が緩やかで、GLP-1分泌量が約2倍多くなり、満腹感が持続することが分かった。このことは、パラチノースを配合した食品を間食として食べると、総摂取カロリーが抑えられる可能性があることを意味する。

GLP-1は、小腸から分泌されるホルモン活性物質で、最近では新しい糖尿病治療薬として注目されている。血糖に応じて、すい臓でのインスリンの分泌を促進する作用や、食欲を抑える作用がある。

 試験は、健常成人男性(6)を被験者とし、パラチノース配合チョコレートあるいは一般的なチョコレート摂取後の血糖値、インスリン、GLP-1等の変化を、ダブルブラインド、クロスオーバーで行った。また、健常成人男性(10)を被験者とし、パラチノース配合チョコレートあるいは一般的なチョコレートを間食として摂取した後の満腹感について、VAS法※でダブルブラインド、クロスオーバーで試験した。

 パラチノースは砂糖酵素反応を加えて作る天然甘味料。1954年にパラチノース生産菌が発見され、1984年には量産化による販売が開始され、以来、さまざま食品、菓子などに使われている。これまでに血糖値上昇抑制効果、血中インスリン濃度低減効果、内臓脂肪蓄積抑制効果、血圧の低下効果などが、学術的に明らかになっている。

 同社は、こうしたパラチノースの優れた効果を活かし、日本人に適した新しいカロリー感、糖質感を提唱するため、「スローカロリープロジェクト」を展開している。

 VAS法:視覚的アナログ尺度と訳され、満腹感などを客観的に評価するために例えば10cmのラインの両端を「空腹」と「満腹」にして、今の状態をそのライン上にしるしをつけることで回答する方法。

2009年11月24日 13:17 [ダイエット]|[研究報告]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

生活家電 amazon 売れ筋ランキング
ジャー炊飯器
3位:象印 IH炊飯器 極め炊き 3合 NP-GF05XJ
3
象印 IH炊飯器 極め炊き 3合 NP-GF05XJ
象印(ZOJIRUSHI)  \12800
5位:象印 炊飯器 圧力IH式 5.5合 NP-BB10-TA
5
象印 炊飯器 圧力IH式 5.5合 NP-BB10-TA
象印(ZOJIRUSHI)  \28700
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.