健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

走行距離やペースなど計測できる「リスト装着型GPSランニング機器」を開発/エプソン

20120221-r07.jpg

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、走行距離やペースなどを、GPSによって長時間、正確に計測できる世界最軽量(※1)(2012年2月21日時点)で薄型のリスト装着型GPSランニング機器を開発しました。スポーツ機器市場向け製品の第一弾として、2012年内にランナー向けに商品化し、日本での販売開始を予定しています。

昨今、日本・欧米を含めた先進国ではランニング愛好者やマラソン大会への参加者が急増し、ランニングをサポートする機器の需要が高まっています。そこでエプソンは、ランニング愛好者からレースに出場する上級者まで、さまざまなランナーの要望にお応えするため、高精度のランニングデータを長時間計測でき、装着感、防水性に優れたGPSランニング機器を開発しました。

エプソンが新たに開発したGPSランニング機器は、リスト装着型ながら高精度のGPSモジュールを内蔵しており、ランナーは手首に着けた状態で、走行距離、ペース、スピードなどを正確に知ることができます。そのため、自宅周辺や見知らぬコースでも、走行距離、ペースを正確に把握して、効果的な練習を行うことやランニングをより楽しむことが可能になります。
GPS連続計測時間(※2)は12時間を実現したことにより、持続時間を気にすることなく、フルマラソンからトレイルランに至るまで、さまざまな長時間レースで安心して使用できます。また、充電の頻度を減らすことができるため、例えば1週間で5時間のGPS計測ランニングを行った場合でも2週間は充電が不要となります。
また、GPSランニング機器として世界最軽量(50g以下)と、GPSモジュールを内蔵しながら一般的なスポーツウオッチ並みの厚みわずか13mmを実現しています。さらに、着け心地が快適なフリー回転バンドを採用しているため、ランニング時にも重さや装着感が気になりません。

防水機能も、一般的なGPSランニング機器が家電防水規格(IPX7)であるのに対して、5気圧防水まで大幅に向上しているため、雨天時でも安心してランニングを行うことができます。また、装着したまま、ランニング終了後にシャワーを浴びることや、トライアスロンで泳ぐなど、水を気にせずにご使用いただけます。

今回エプソンは、高精度のランニングデータを長時間計測でき、世界最軽量で薄型のGPSランニング機器を開発するために、新たに高精度・低消費電力・小型のGPSモジュールを開発しました。このGPSモジュールには、エプソンが長年にわたり半導体や水晶デバイス事業で培ってきたセンシング技術のノウハウが生かされています。

今後もエプソンは、このような成長が望めるスポーツ機器や健康機器の市場に向け、強みであるセンシング技術、省電力・小型化技術を活用したリスト型機器やウェブサービスなどの提供を進め、人々が健康で安心して豊かな生活を楽しむことができる社会の実現に貢献してまいります。

※1:ランニング愛好者向けに販売されているリスト装着型のGPSランニング機器において(2012年2月21日時点、エプソン調べ)
※2:フル充電後に、GPS電波受信状態で走行距離を測定し続けられる時間

セイコーエプソン(株) ホームページ

2012年02月21日 16:26

健康・美容イベント情報

SPORTEC 2021
2021/12/1(水)~3(金)
東京ビッグサイト 南展示棟1-4ホール

第5回 感染症対策総合展 in Tokyo
2021/12/1(水)~3(金)
東京ビッグサイト 南展示棟1-4ホール

第23回 インターフェックス Week 東京
2021/12/8(水)~10(金)
幕張メッセ