健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

善玉コレステロール産生の初期段階の可視化に成功/京都大学

植田和光 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)教授、永田紅 同特定拠点助教、楠見明弘 同教授らの研究グループは、善玉コレステロール(HDL)の産生に必須である膜タンパク質ABCA1(ATP-binding cassette protein A1)を1分子レベルで観察し、HDLができる最初の段階を可視化することに世界で初めて成功しました。

 健康診断の血液検査での指標として用いられているように、血中HDL量の多い人は動脈硬化症を発症しにくいことがわかっています。しかし、アポリポタンパク質とコレステロールの複合体であるHDLがどのようなメカニズムでできるかは明らかになっていませんでした。

 本研究では、細胞内の過剰なコレステロールを排出する能力をもつABCA1が、細胞膜上で二量体を形成することが、HDLができる過程で重要であることが初めて示されました。この結果は、HDLができるメカニズムを解き明かすうえで重要であり、本成果をさらに発展させることで動脈硬化症の予防や治療法の開発につながると期待されます。

 本研究成果は、米国東部時間3月11日に米科学誌「アメリカ科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)」電子版に公開されました。
(写真左から 左から楠見教授、永田特定拠点助教、植田教授)

20130314_r02.jpg
※詳細は下記URLをご参照ください
◎京都大学 2013年3月12日発表
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/130312_1.htm

◎京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja

2013年03月13日 15:30

健康・美容イベント情報

健康博覧会2022(第40回)
2022/2/8(火)~10(木)
東京ビッグサイト 南ホール全館