健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

アミノ酸の一種 L-セリン摂取で体内時計の修正が容易に/九州大学、ファンケル

九州大学大学院農学研究院の安尾しのぶ准教授と芸術工学研究院の樋口重和教授は、株式会社ファンケルとの共同研究により、アミノ酸の一種である L-セリンを摂取すると、光による体内時計の針合わせが強められることを明らかにしました。人の体には約 24 時間で刻まれる体内時計が備わっており、睡眠・覚醒状態やホルモン分泌・血圧などの生理活動が地球上の昼夜リズムに合うように制御しています。

しかし、現代社会では不規則な生活や頻繁な時差ぼけ、また夜間にパソコンやスマートフォンの光を見続けるなどの生活になりやすく、体内時計が乱れがちです。体内時計が乱れると、がんや糖尿病、高血圧、肥満などのリスクが高まってしまいます。人の体内時計はもともと 24 時間より長いため、朝の光を浴びることで毎日針合わせがおこなわれますが、頻繁に生活リズムが狂うと針合わせが追いつきません。

同研究グループは、20 種類のアミノ酸のうち、L-セリンを摂取すると、体内時計の光による針合わせが強められることをマウスで発見しました(参考図 1)。

また昼夜リズムを 6 時間ずらして人工的な時差ぼけを誘導した上で、L-セリンを決まった時間に摂取すると、体内時計の針が早く進み、新しいリズムに早く同調しました。さらに、男子大学生に夜 L-セリンを摂取させ、朝に光を照射すると、体内時計の針を示すメラトニンの分泌開始時刻が大きく前進し、人でも L-セリンで体内時計の針合わせが強められることを実証しました(参考図 2)。本研究成果により、栄養学的に体内時計の乱れや時差ぼけを改善できることが期待されます。

海外旅行時に生じる時差ぼけのみでなく、週末に3時間以上朝寝坊するだけで生じる「社会的時差ぼけ」の改善や、シフトワーカーの健康管理、生活リズムの乱れによる不眠の改善、つい夜更かししてしまった際の体内時計の修正など、広い応用範囲が考えられます。本研究成果は、2017 年 10 月 25 日(水)午後 2 時(東部夏時間)に『Journal of Nutrition』のオンライン版に掲載されました。

20171026_r01.jpg

【詳細は下記URLをご参照ください】
九州大学 2017年10月26日
九州大学 公式サイト

[特集]機能性表示食品制度[機能性表示対応素材]《更新随時》

 

 

2017年10月26日 14:07

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】
【追加講演!】第17回 tokiwaウェビナー「NMNとの相乗効果“サーチュイン活性”なら、tokiwaの『サートマックス』」

2021/9/29(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】
ニチモウバイオティックス webセミナー「子宮内膜症とアグリマックス」

2021/10/4(月) 12:30~13:00
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

食品開発展2021(Hi Japan/ FiT Japan/ S-tec Japan/ LL Japan)
2021/10/6(水)~8(金)
東京ビッグサイト
西1・2ホール&アトリウム

第24回 関西ものづくり ワールド
2021/10/6(水)~8(金)
インテックス大阪

第92回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 秋 2021、第10回 LIFE×DESIGN
2021/10/13(水)~15(金)
東京ビッグサイト 西展示棟・南展示棟