健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

日本クロージャーと共同開発 国内最軽量PETボトルキャップ採用/アサヒ飲料

アサヒ飲料株式会社は、2018年2月下旬の製造より同社で製造する炭酸飲料に、炭酸飲料用として国内最軽量※1となるPETボトルキャップを採用し、順次、使用の拡大を予定しています。

このPETボトルキャップは、日本クロージャー株式会社との共同開発でこれにより、PETボトルキャップの重量は、3.25g~3.35g から3.03gへと約7~10%軽量化され、年間CO2排出量も約340トンの削減が期待できます。

20180201_r07.jpg

アサヒ飲料は、商品のコンセプトを具現化した独自形状の容器開発だけでなく、環境負荷低減も考慮した容器開発を行っています。同キャップの開発は、主にキャップリング部分を調整することで軽量化に成功しました。

また、今回の軽量化においても「五感」の1つである聴覚に訴える“開栓時に炭酸感を感じさせる音”となるように、開栓音の波形解析等を行いながらキャップの開発を実施してきました。

アサヒ飲料では、省資源化への取り組みとして、2011年からお茶飲料にて「ハンディエコボトル」※2を採用し、従来PETに比べ約1,400トンの省資源化を実現。2013年には「アサヒ おいしい水 六甲」で、業界最軽量クラスとなる「エコスタイルキャップ」※3を採用し、その後、商品展開の拡大により約380トンの省資源化を実現しています。

また2015年には、豊田通商株式会社と連携して、石油由来原料よりCO2排出量を約25%削減できる植物由来原料を使用した「バイオPET」を「三ツ矢サイダーPET1.5L」に数量限定で採用しました。

アサヒ飲料では今後も、商品を通し、おいしさをお客様に伝えることはもちろんの事、環境に配慮した容器開発を行う事で、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

※1同社調べ

※2同社の独自技術により、省資源化・軽量化を実現した、お客様の使いやすさと環境負荷低減を追求したPETボトル

※3キャップリング部分の形状などを工夫することで、従来のキャップより省資源化を実現したキャップ

【詳細は下記URLをご参照ください】
アサヒ飲料株式会社 2018年1月30日発表
アサヒ飲料株式会社  公式サイト
日本クロージャー株式会社  公式サイト

 

 

2018年02月02日 10:28

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

ビューティーワールド ジャパン ウエスト 2020
2020/10/19(月)~21(水)
インテックス大阪

FABEX関西 2020
2020/10/28(水)~30(金)
インテックス大阪

次世代ヘルスケアプロジェクト「第3回 ぐっすり EXPO」「第3回 健康診断・健康管理 EXPO」「第3回 メディスポ」「第2回 カラダ改善食品展」「第2回 温活 EXPO」
2020/11/11(水)~13(金)
東京ビッグサイト 西展示棟

食品開発展2020(Hi Japan/ FiT Japan/ S-tec Japan/ LL Japan)
2020/11/16(月)~18(水)
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム