健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

「健康食品事業 25 周年」事業メッセージを発信/ファンケル

20190222_r002.jpg

株式会社ファンケルは 2019 年 2 月に、健康食品事業 25 周年を迎えました。25 周年にあたり、「人生 100年時代を健康で豊かに充実して過ごしていただきたい」という同社の想いをこめて、新たな事業メッセージを作成しました。この事業メッセージを広告などで発信していくとともに、お客様に感謝を伝える施策を通信販売と直営店舗で実施します。

◆事業メッセージ「たのしく生きる、健康 100 年時代へ。」
同社は今期から、「第 2 期中期経営計画(実行 2020)」がスタートし、2030 年に目指す姿「VISION2030」を策定しました。中でも健康食品事業は「人生 100 年時代をサポートする、新たな健康事業の展開に取り組み、世の中で最も利用していただけるサプリメント(健康食品)企業になる」をミッションとして掲げています。健康食品事業25周年にあたり、このミッションを「たのしく生きる、健康100年時代へ。」というメッセージとして、新聞広告などで展開することでお客様に同社の姿勢や想いを伝えます。

◆25 周年記念企画 お客様との共創マーケティング
2 月 18 日(月)から、同社の通販サイト「ファンケルオンライン」でサプリメントを便利に収納できるオリジナル「サプリメントBOX」をお客様と一緒に作る企画をスタートしました。完成した「サプリメントBOX」は、今後、通信販売または直営店舗でプレゼントする予定です。

~1994 年に健康食品事業をスタート その想いとは?~
1990 年代、日本人の食生活は欧米化が進み、食事の栄養だけで健康を支えることが難しくなっていました。当時、健康食品は今ほど一般的ではなく、ローヤルゼリーや高麗人参が高価な値段で売られていた時代。そんな中、日本人の健康を支えたいとの想いから「健康食品の価格破壊」を掲げ、まだ日本で馴染みのなかった“サプリメント”という言葉を用いて、ビタミンやミネラルをラインアップして事業を始めました。1996 年には原辰徳氏をCMキャラクターに起用し、健康食品のイメージアップを図り、世の中に身近なものとして定着させてきました。その後も、品質の安全性はもちろんのこと、多くの臨床試験を手がけ、研究によるエビデンスを重視した製品作りを行っています。一つひとつの成分の特長を見極め、体内で効率よく機能が発揮されるよう製剤設計にもこだわり、その技術力は業界でもトップクラスを誇ります。同社は、今後も安全性と機能性を追求した製品を提供し、人生 100 年時代をサポートするとともに、人々の健康と喜びに貢献できる企業を目指します。

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社ファンケル     2019年2月21日【PDF】発表
株式会社ファンケル     ホームページ

2019年02月22日 15:54

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

ダイエット&ビューティーフェア2020(第19回)、アンチエイジング ジャパン2020(第6回)、スパ&ウエルネス ジャパン2020(第11回)
2020/9/15(火)~17(木)
東京ビッグサイト 青海展示棟A・B

第62回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー2020
2020/9/17(木)~18(金)
OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)2階

第22回「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」
2020/9/30(水)~10/2(金)
東京ビッグサイト 南展示棟