健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

「グリーンスムージー」をリニューアル/ローソン

株式会社ローソンは、全国のローソン店舗(13,865店:2019年3月末時点、「ローソンストア100」を除く)で、5月7日(火)より「NLグリーンスムージー 200g」、「NLグリーンスムージー 400g」、「NLグリーンスムージー 800g」、5月14日(火)より「NLグリーンスムージー Off&Plus 200g」、「NLグリーンスムージー One Day 200g」をリニューアル発売します。使用する果実に新しく「黄桃」を加えることで、より果実感が増し、食感が滑らかになりました。

また、容器を上蓋のない仕様に変更することでプラスチック使用量を1本あたり約2.5g減らしました。(「NLグリーンスムージー 400g」、「NLグリーンスムージー 800g」の2商品は従来より上蓋のないパック容器を使用しています。)

20190507_r01.jpg

ローソンは、2015年5月よりスムージーシリーズを発売し、累計販売数が1億7000万本(2019年4月30日時点)を突破しました。中でも、健康志向の高まりにより、野菜を“手軽に”摂りたいというニーズから、1本で1食分以上の野菜(※1)が摂れるグリーンスムージーシリーズが、健康を気遣うお客様を中心に人気です。購入者の約60%は女性で、特に30代~40代の女性のお客様にご好評いただいています。(Pontaデータによる)

今回リニューアル発売する5商品は「よりフルーティーでさっぱりした味にしてほしい」というお客様からの声を受け、新たに黄桃の果汁を加えることでより飲みやすく仕上げました。
(※1)1日の推奨摂取量:350g以上(厚生労働省「健康日本21」より)

ローソンでは、2019年4月より順次、オリジナルカップ飲料の容器の仕様を変更しています。従来のカップ飲料の容器は、「カップ本体」、「中蓋」、「上蓋」で構成されていました。今回、「上蓋」を取り除くことで、カップ全体のプラスチック使用量を1本あたり約2.5g削減しました。2019年6月末までにオリジナルカップ飲料全商品(17品:2019年4月30日時点)の容器を変更する予定で、年間約321トンのプラスチック削減が見込めます。

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社ローソン  2019年5月7日発表
株式会社ローソン   ホームページ

 

2019年05月07日 17:12

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

SPORTEC WEST 2020
2020/10/14(水)~16(金)
インテックス大阪

BioJapan 2020
2020/10/14(水)~16(金)
パシフィコ横浜

healthTECH JAPAN 2020
2020/10/14(水)~16(金)
パシフィコ横浜

第5回 オーガニックライフスタイルEXPO
2020/10/15(木)~17(土)
東京都立産業貿易センター 浜松町館

第1回 SDGsライフスタイルフォーラム2020
2020/10/15(木)~17(土)
東京都立産業貿易センター 浜松町館