美容オイル「バイオイル」のブランドに関する独占販売契約締結に関して/小林製薬 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > その他 > 美容オイル「バイオイル」のブランドに関する独占販売契約締結に関して/小林製薬

美容オイル「バイオイル」のブランドに関する独占販売契約締結に関して/小林製薬

20170606_r02.jpg

小林製薬株式会社は、美容オイルの世界ブランドである「Bioil(バイオイル)」(以下「バイオイル」といいます)の製造メーカーであるユニオンスイス社(本社:南アフリカ共和国)と、同製品に関する日本での独占販売契約を締結しましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.独占販売契約の目的
小林製薬株式会社は、多様化するお客さまのニーズにお応えするべく積極的な製品開発を行っております。なかでもスキンケア事業は2016年11月発表の中期経営計画の注力4事業の一つであり、「ケシミン」や「オードムーゲ」、「マダムジュジュ」などを中心に展開しております。また、新領域としてスキンケア医薬品「アットノン」「ニノキュア」「Saiki(さいき)」ほかを開発するなど事業強化に継続して努めております。

一方、バイオイルは1987年に南アフリカ共和国で発売され、現在は世界124カ国で販売されているグローバルブランドで、完治したキズあと、ニキビあとなどの肌をケアするユニークなコンセプトを持つ美容オイル(化粧品)です。日本ではバラエティショップやドラッグストアを中心に2006年から発売されており、美容オイル市場を牽引する代表ブランドとなっております。

バイオイルのブランド力およびユニオンスイス社が蓄積してきた研究成果や製造技術に加え、同社の販売力とわかりやすいマーケティングにより、スキンケア事業の新しい柱として育成してまいります。具体的には、今後バイオイルブランドへの積極的な広告投資を行うとともに、同社が保有する販路を積極的に活用することによって、バイオイルの大幅な売上拡大を目指しています(3年後売上目標:10億円)。

美容オイルの代表的ブランドであるバイオイルの独占販売権について、同社のスキンケア市場における新製品育成に取り組む姿勢が評価され、日本の数ある企業の中からパートナーとして選ばれました。これまで築き上げてきた同ブランドの価値を更に伸ばすべく全社を上げて取り組みます。

2.独占販売契約会社の概要
名称/Union Swiss(ユニオンスイス)株式会社
所在地/南アフリカ共和国 ケープタウン
代表者/CEO Mr. Justin Letschert
事業内容/スキンケア製品の製造販売事業
売上・資本金/非公開
設立年月日/1954年
従業員数/45名(2016年末現在)
事業所/
本 社:南アフリカ共和国 ケープタウン
研究所:南アフリカ共和国 ダーバン
工 場:南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ

3.「バイオイル」製品概要
製品名/バイオイル
カテゴリー/化粧品
同社による発売開始日/2017年9月予定
使用方法/朝晩のスキンケア、ボディケアとしてお使いください。
成分・分量/
ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酸トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー葉油、ローマカミツレ花油、ビサボロール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ヒマワリ種子油、BHT、香料、赤225

※バイオイルは、防腐剤、動物由来成分を配合していません。

4.独占販売契約締結日
2017年4月28日

5.今後の見通し
本件に伴う、2017年12月期連結業績への影響は軽微。


【詳細は下記URL(またはPDF)をご参照下さい】
小林製薬株式会社 2017年6月3日発表
小林製薬株式会社 コーポレートサイト




[特集]機能性表示食品制度[機能性表示対応素材]《更新随時》

2017年6月 6日 11:35 [その他]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.