ストレスホルモン高値が肥満リスクに関連 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > ダイエット・肥満 > ストレスホルモン高値が肥満リスクに関連

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

ストレスホルモン高値が肥満リスクに関連

20170306_w04.jpg

ストレスや不安の多い生活を送っていると、過体重や肥満になるリスクが高くなる可能性のあることがわかった。英ロンドン大学(UCL)のAndrew Steptoe氏らの研究で、ストレスホルモンであるコルチゾールの高値と超過体重の関係が確認されたという。

Steptoe氏らは、54歳以上の英国成人2,500人超を対象として、できるだけ頭皮に近い部分の毛髪2cmを採取し、コルチゾール値を測定した。この値は過去2カ月間に蓄積されたコルチゾールの量を反映しているという。

コルチゾールは身体の基本的なホルモンで、危険に対する「闘争-逃走反応」を引き起こすもの。危険から逃げるためには有用だが、慢性的に高値になると抑うつや体重増加、不安などにつながるとされる。

検討の結果、コルチゾール値が高い対象者では、体重が重く、胴囲が大きい(男性102cm以上、女性88cm以上)傾向があることが判明した。BMIも高く、BMIが高いほど体脂肪量も多かった。また、コルチゾール高値は、過去4年以上の継続的な肥満度の高さにも関連していた。

コルチゾール値と肥満との関連性は男女ともにみられ、性差も年齢差も認めなかったという。ただし、今回の対象者は高齢であったため、若年者では同じ結果にならない可能性もある。

本研究ではコルチゾール値と体重増加との関連性が示されたが、どちらが先に生じるのかは判明していないため、コルチゾール高値がストレスによる過食の引き金となるのかどうかは明らかではない。ただし、過食を防ぐためにできることは多くある。栄養学の専門家は、「食事の時間を守る」「袋や箱から直に食べず、必ず皿に盛る」「食事中はテレビや映画を見ない」といったアドバイスを挙げている。

この研究結果は「Obesity」3月号に掲載された。(HealthDay News 2017年2月23日)

https://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/obesity-health-news-505/a-stressed-life-may-mean-a-wider-waistline-719883.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

2017年3月 9日 18:30 [ダイエット・肥満]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年8月 展示会情報

2017年8月8日(火)~10日(木)
第10回 かなざわマッチング商談会

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.