健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

廃棄予定のエゴマ葉から抽出された頭皮環境改善効果の高い新規原料を採用/ミルボン

美容室向けヘア化粧品メーカーの株式会社ミルボンは、高い頭皮環境改善効果とSDGs(持続可能な開発目標)への貢献を同時に実現する新規原料を企図し、廃棄予定のエゴマ葉から特殊な方法により抽出された「エゴマ葉エキス」を採用いたしました。このエゴマ葉エキスは「ロスマリン酸」を高濃度で含んでおり、2021年秋以降に発売の頭皮ケア製品に活用していく予定です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 研究の背景
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ミルボンはこれまで、シソ科植物に含まれる「ロスマリン酸」が、頭皮の慢性的な炎症に関わる頭皮常在菌*を効果的に減少させることを確認しており、製品への応用に向けて研究を続けてきました。
https://www.milbon.co.jp/files/pdf/news/2021/05/20210520103159_1.pdf

一方で、世界が持続的に発展していくためには、人や環境に配慮した製品開発が必須です。ミルボンでは「サステナビリティ基本方針」に基づき、SDGs達成に向けた原料採用にも積極的に取り組んでいます。

今回ミルボンでは、SDGsへの貢献と高い頭皮環境改善効果の両方を期待できる素原料として、エゴマ葉に着目いたしました。シソ科植物の一つであるエゴマは、エゴマ油(食用油)生産用の種子の収穫過程において、多くの葉が間引かれ廃棄されている現状があります。この廃棄されているエゴマの若葉からロスマリン酸を高濃度で抽出したエゴマ葉エキスを製品原料として活用することが、ミルボンの取り組む「持続可能な資源の利用」に資するものと考え、採用に至りました。

なお次のグラフに示す通り、今回採用した新規エゴマ葉エキスはミルボンで製品に活用実績のあるシソ科植物エキス4種と比べて、ロスマリン酸を高濃度で含有することが確認されています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 今後の展望
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
当該エゴマ葉エキスは、2021年秋発売予定の頭皮ケア製品から順次活用していきます。
ミルボンでは今後も、SDGs達成を目指しながらも高い機能性を持つ原料採用・原料開発を行い、サステナビリティの実現と魅力ある製品開発の両立を目指してまいります。

《 用語解説 》
* 頭皮常在菌
ヒトの身体に存在している細菌の中で、多くのヒトで共通して確認され、共生しているものを常在菌と呼ぶ。その中でも頭皮に存在しているものを頭皮常在菌と呼ぶ。

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社ミルボン/PRTIMES 2021年8月20日発表
株式会社ミルボン 公式サイト

2021年08月20日 16:07

健康・美容イベント情報

SPORTEC 2021
2021/12/1(水)~3(金)
東京ビッグサイト 南展示棟1-4ホール

第5回 感染症対策総合展 in Tokyo
2021/12/1(水)~3(金)
東京ビッグサイト 南展示棟1-4ホール

第23回 インターフェックス Week 東京
2021/12/8(水)~10(金)
幕張メッセ