研究報告関連のプレスリリース 【健康美容EXPO】

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

研究報告の最新記事一覧

産学連携の共同開発でインフルエンザの予防効果のあるシナモンを使用したマスクの開発に成功、実用化へ/常磐植物化学研究所

千葉大学大学院 医学研究院 和漢診療学 並木隆雄准教授は、インフルエンザの発症を未然に防ぐ効果があると注目されているシナモンを使用したマスクの基本設計を完了し、このたび実用化にめどをつけました。早期の...

2017年1月25日 15:09  [研究報告]

皮膚細胞の生まれ変わりを観察できるモデル技術を開発/ファンケル

株式会社ファンケルは、皮膚の表皮細胞が生まれ変わる過程(以下:ターンオーバーと記載)を観察できる新たな「生体皮膚モデル」※を開発しました。この技術を使うことで、これまで困難だった表皮細胞のターンオーバ...

2016年12月20日 18:05  [研究報告]

「D-グルタミン酸」が肌のバリア機能の回復を促進/資生堂

D-アミノ酸は、株式会社資生堂が高感度な分析方法を開発したことによって研究が飛躍的に進み、肌への有効性が注目されるアミノ酸です。 このたび資生堂は、D-アミノ酸の一種「D-グルタミン酸」が、幼児の肌...

2016年12月13日 19:25  [研究報告]

乳製品の習慣的摂取が高齢者の高血圧発症リスクを低減/地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター

株式会社ヤクルト本社と、東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チームの青栁 幸利専門副部長は、群馬県吾妻郡中之条町(以下、中之条町)に在住の高齢者を対象に、乳酸菌ラクトバチルス カゼイ...

2016年12月 7日 18:25  [研究報告]

ホップ由来ビール苦味成分イソα酸 アルツハイマー病予防に関する作用機序を解明/キリン

キリン株式会社の健康技術研究所は、東京大学、学習院大学と共同で、ホップ由来のビール苦味成分であるイソα酸のアルツハイマー病予防に関する作用機序を世界で初めて解明しました。同社はこの研究成果...

2016年11月29日 13:35  [研究報告]

ラクトフェリンの摂取が感染性胃腸炎の発症、症状を抑制/森永乳業

森永乳業株式会社では、長野県松本市、信州大学と産官学連携で、ラクトフェリンの摂取が冬季感染症の発症、症状に及ぼす効果の共同研究を実施し、ラクトフェリンの摂取が、感染性胃腸炎の発症率を低下させ、下痢の有...

2016年11月29日 13:26  [研究報告]

角層水分量が「肌の好不調実感」を左右することが判明/ポーラ化成工業

ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社は、「角層の水分量」と「肌の好不調実感」の関係性について調べた結果、1.女性が日々感じる「肌の好不調実感」に角層の水分量が関わること、すなわち角層水分...

2016年11月22日 18:16  [研究報告]

高機能茶「サンルージュ」加齢による認知機能の低下抑制効果を動物試験で確認/日本製紙

日本製紙株式会社は、九州大学との共同研究で、高機能茶「サンルージュ」のアセチルコリンエステラーゼ(注1)阻害効果が、「やぶきた」をはじめとする主要緑茶43品種の中で最も高いことを見出しました。さらに、...

2016年11月18日 17:14  [研究報告]

加熱変性卵白由来リゾチーム 新型ヒトノロウイルスの不活化を確認、発表/キユーピー

キユーピー株式会社は、東京海洋大学食品微生物学研究室との共同研究により、加熱変性した卵白由来のリゾチームが、いわゆる“新型ヒトノロウイルス”を不活化することを確認しました。あわ...

2016年11月14日 10:50  [研究報告]

乳酸菌が小腸のM細胞から取り込まれ免疫細胞に渡されることを実証/アサヒグループホールディングス

近年、乳酸菌が人の免疫にはたらきかけ、風邪などの感染症の予防やアレルギーの改善に役立つことが明らかになってきています。しかし、“乳酸菌と免疫"の関係は、未だに謎が多く、乳酸菌が生体内にどの...

2016年11月10日 19:00  [研究報告]

L.paracasei MCC1849株が風邪症状および気分状態に及ぼす効果を発表/森永乳業

森永乳業株式会社では、免疫力を高める作用に着目して、ヒトの腸管から見出された 乳酸菌 Lactobacillusparacasei MCC1849 株の摂取が、風邪などの自覚症状に及ぼす効果について...

2016年11月 9日 11:10  [研究報告]

消えないシミとされてきた真皮のシミの改善メカニズムを発見/ナリス化粧品

株式会社ナリス化粧品は、従来は消えないとされてきた肌の深部の真皮のシミについて、マクロファージ*の関与により、シミの元となるメラニンを排出する可能性を見出し、IFSCC 2016CONGRESS にて...

2016年11月 7日 12:47  [研究報告]

次亜塩素酸水溶液有効塩素成分 付着菌・ウイルス抑制効果を確認/パナソニック エコシステムズ

パナソニック エコシステムズ株式会社は、食塩水を電気分解して得られる「次亜塩素酸水溶液」から揮発した有効塩素成分が、約 25m³(約6畳)の空間で、付着のMRSA、肺炎レンサ球菌、ロタウイル...

2016年11月 7日 11:48  [研究報告]

ケール青汁の摂取習慣が老化予防につながる影響を確認/ファンケル

株式会社ファンケルは、Good aging※の実現に役立つ食品として 2001 年からケール青汁の研究開発をすすめております。このたび、2013 年から行っている同志社大学(所在地:京都市上京区、学...

2016年10月19日 10:40  [研究報告]

日本生薬学会第63回年会における研究発表/丸善製薬

丸善製薬株式会社は、2016年9月24日(土)-25日(日)に富山で開催されました日本生薬学会第63回年会において、研究成果を発表致しました。 [発表概要] 1P-69 甘草種子由来株の生育・成分の...

2016年10月13日 11:22  [研究報告]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.